2011年04月29日

うはっ(>_<)

前回の日記にあった、シズオカ×カンヌウィーク2011のTシャツコンテストですが、公式サイトにおいて正式に発表されました。

そこの準グランプリの作品も拝見して、冷や汗でちゃった(>_<)


サイトはこちら


すごい力作じゃないですか!! 僕のが(特にモノトーンだし)手抜きみたいに見えるじゃないですか!!w


鈴木さんのはすごい個性的。こうまで世界観を創り出せるのはうらやましい。
また、応募時にTシャツの色を指定するのですが、この色でいくという冒険は僕にはできない。どうしてもこういうオフィシャルTシャツとかは、つい黒・白あたりで攻めてしまう僕・・・てかもう芸術ですね、すでにこれは。とにかく拡大画像も見たいですよね!


谷口さんのも「こうきたかっ!」ですよね。必ず公式ロゴを最低一箇所入れるというのが規定にあって、それの落ちつかせ処に悩んだのですけど、こうも大胆に(>_<)
インパクトもすごいけど、色配分やバランス感覚も鬼レベル。でも職業はプロスケーターって・・・恐ろしいw


僕のは・・・一番、脂身ががない感じねwww
フィルムの中にいろいろなシーンが描きこまれているのだけど、これだとよく見えないね・・・・

だから皆さん、実物見にきてね(^_^)シズオカへな!!!


ところで、今回のこのイベントを知ったきっかけである伊澤恵美子嬢だが・・・彼女もこのシズオカ×カンヌウィーク2011に関わっていて、静岡出身の女優としてトークイベントなどいろいろやるんだと!!

そうなのか・・・もっと早く言えよw


このTシャツを着ている伊澤恵美子も鑑賞しに行きましょうか!!






posted by ORICHALCON at 01:41| Comment(7) | TrackBack(1) | 日記

2011年04月27日

シズオカ×カンヌウィーク2011 Tシャツコンテスト

シズオカ×カンヌウィーク2011。
カンヌ市と姉妹都市である静岡にて、カンヌ映画祭の開催と合わせて映画をテーマに街を上げて行われるイベント。

シズオカ×カンヌウィーク2011 オフィシャルサイト

2010年の初開催の大盛況を皮切りに、2012年へのさらなる本格化へ向けて今年も開催されます。
そのプレイベント企画第一弾として、オフィシャルTシャツのデザインコンテストが行われました。

僕はこのイベント自体、今回で知ったのですが、こんな熱いことやってるなんて!



で、これを知ったのは、僕の舞台に出演してくれた伊澤恵美子のTwitterでのつぶやき。

「締切り間近ですよ!!」みたいな感じで、このTシャツコンテストのサイトリンクが貼ってあったのだ。




僕は仕事柄、グラフィックだのデザインだのとやりますが、こういうのには応募した経験もなく、また、あまり興味を持つ方ではなかった。しかし、なぜだかこれにはすごい興味を惹かれてしまい、またカンヌ、映画とあっては、なんだかいてもたってもいられないのでした。

それに僕は、静岡とは(普段あまり縁がないのだけど)なんだかとても気になる存在なのです。
理由はわかりませんが、少なくとも知人で"静岡出身"という人はまず忘れません。そのキーワードだけでその人をすっかり記憶してしまうのです。
僕の静岡の思い出は、むかーし撮影で行って過ごしたというものなんですが、すぐ目の前に駿河湾と富士山がでーんとあって、静岡人の人柄の良さと、おいしいみかん、きれいな空気はよく覚えています。




さておき、応募に参加してみたいなと思っても、知ったのが4/20、締切りは4/22という状態(>_<)

とにかく応募規定とテンプレートはダウンロードしたものの、その頃は(てか、今もまだ続いてんだけど....)某人材派遣会社と、某自動車メーカーのサイトのリニューアルがたてこんでおり、実際なかなか着手できそうになかった。
応募要領はIllustratorでの入稿なので、仕事の合間でもできそうだが、結局は仕事に終始してしまい、締切りの日まで着手できないでいた。仕事に追われながら、頭の中ではぼんやりと「参加できんかも知れんな....」と、かすめるものもあったけど、それに反するように、イメージ画はふつふつと湧き上がってくるという不思議。

やはりいてもたってもいられなくなり、締切り当日に着手をはじめたwwww

かなり細かい絵になってしまったので、仕事の作業 → 一段落 → Tシャツデザインをちょっとすすめる → 仕事の作業.....みたいな感じですすめる。しかしそんなやり方ではなかなか進まず、しかも途中でアイデアに行き詰ってしまって、「ああ、もうだめかも」と諦めかけたりもした。
もっとカラフルにしたいが、時間もないし、仕事もこのままでは終わらないので、思い切ってモノクロームにした。(まあ、けどそもそも応募規定が4版なんですがね)


ペンツールでパスをチマチマとやってられないので、すべて手書きツールでガシガシと描くことに。しかしその手書き感、荒削り感がなんともいい感じになって、なんとか納得いくものに仕上がった。テーマはずばり、「愛」だ!! (苦笑)
不思議なもので、大抵は完成品をしばらく見つめてると、「あ、ここはこうしよう」とか「ここはこうかな」とかいろいろ手直ししたくなるもんですが、今回のにかぎってはそういうのがまったく起きない。それだけ良いものが出来た、というよりは、勢いで一気に仕上げたのでそのありのままでOK、という感じに近い。

こういう経験は久しぶりだったので、それだけでもよかった。




で、あわててメールで投稿して、すぐ仕事に戻るwwww

仕事の合間にこれやってたって関係者にばれたらまずいかなあwwww


で、仕事の作業でまたすっかり応募のことは頭から離れてしまっていたのだけど、事務局からメールが来ていた。
前日、起きっぱなしで仕事をしていたので、夕方に爆睡開始、目が覚めたのが夜中で、メールを見る目もしょぼついておぼつかなかったのだが、すっかり目が覚めてしまった。

僕の作品がグランプリだそうです。ありがとうございます!


静岡バンザイ!! カンヌバンザイ!! 映画バンザイ!!


いやー、やっぱ諦めなくてよかった(>_<)


そしてきっかけとなった伊澤恵美子、ありがとよ〜っ!


posted by ORICHALCON at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年04月24日

アイコンは大事

ちょっと前、うちの会社がiPhoneのアプリ開発にそこはかとなく関わる予兆があって、まあ、どうなるかわからないんだけども、もし関わるとしても、僕はグラフィッカーどまりだろうな。プログラムなんてわかりません。

ということで、「売れるアプリにするための - アプリ開発101のヒント -」というアプリを以前、ダウンロードしたまま手をつけていなかったのでパラパラとやってみた。

うん.....まあ、無料ですし、劇的に参考になるような内容は特にはないのだけど、ただ、当たり前のようなことでも、つい忘れがちになってしまうこともある。そういうことをふと思い出させてくれるメモ書きのような存在としては、いいかも知れない。


これは、iPhoneユーザなら大抵は知っている、AppBankの開発元がだしてるっぽい。
このAppBankはiPhoneアプリの最新情報からレビュー、セール情報などを精力的に発信してくれるので、重宝している人も多いだろうと思います。

で、この「アプリ開発101のヒント」の中で、こんなヒントが出てきます。


Photo 24-4-11 13-58-58-1.jpg



ほんとにそうだと思うよ。アイコンに力を傾けてないアプリってのは、大半が内容も「まあまあ」だったりする。
iPhoneアプリにおいて、アイコンデザインはすごい重要だ。へんな話、どんなに内容がいいアプリでも、アイコンがひどいと萎えるというか、使う気になれない場合も出てくるから不思議だ。

ほとんど使わないとわかってるアプリでも、アイコンがセンスあるだけで、ついiPhone内に置いといてしまう、というのもある。

もちろん、気にならないという人もいるとは思うけど、そもそもこのまだスマートフォン夜明け時代に、いち早くスマートフォンを手にするような人々の多くは、その性質からしてこういう部分にうるさいと思うのだな。

機能性だけ重視なら、普通の携帯で充分なところを、わざわざこんな端末に手を出しているのだから、+α的なものに敏感だ。


さておき、じゃあ、こんなことを書いているAppBankが開発しているアプリのアイコンはどんなんかっていうと、こんな感じ。



Photo 24-4-11 13-59-00-1.jpg



うーん.................


というか、そもそもAppBankのアプリのアイコン自体.....微妙な気がすんだけどなあ。

これだったら対抗馬のApFan!の方がまだセンスいいかな....てか、こっちの方が使いやすいんだよな。すっきりしてて。


最近で一番感心したアイコンはというと、これ。


syunkannikki.png   瞬間日記


これは無料アプリで、日記をつけるアプリなんだけど、アプリ自体もなかなかいい。

このアイコンデザインは、前のバージョンはノートのイラストシンボル部分が大きく、アイコンいっぱいまで占めていたのだが、少し前のアップデート時にアイコンデザインがこれに変わった。

赤、ということもあるのだろうけど、これはとてもiPhoneのホームの中でもかなり目立つ上、しかも嫌味がない。
ここまで大胆にシンボルマークを小さくする、というのは、なかなかできないセンスだと思う。ごちゃごちゃと乱雑するアプリのアイコンたちの中で、かえって視認性が高まっているのが面白い。


あえて画像は載せないけど、僕のワースト・アイコンは、ハチカレ2...w
カレンダーアプリで、その手の中ではアップデートも多く、高機能で安定している方のアプリなのだが、いつまでもアイコンだけは垢抜けない。(実はUIもなのだが....)
カレンダーアプリはほぼ、ホーム画面に常駐するはずだから、毎日眺めるわけで、そこでこんな、子ども手帳みたいなアイコンなんていやだぜ(>_<)

「ハチカレ」というアプリ名も微妙すぎで、作者が自分の名前と思われる(ハチの部分)ものをアプリ名に冠してるのもなんだかな....

なら使うなって話だが、うん、もう使わないだろう。というのも、Snap CalがiPhoneカレンダーの同期に対応してしまったので、すでにそればっかりになっている。
Snap Calは無料アプリでなかなかバグが解消されていなかったのだが、最近やっと安定してきた。なによりアイコンがダサくない。というか、下手なハチカレよりカレンダーっぽく見えるのが不思議で、パッと目がいって押せる。そして、UIがとてもいいし、動きも軽い。(ハチカレは重い...)


うん、やっぱりアイコンは大事だな。もちろんUIもだ。ハチカレは230円だかを払って買ったというのに、あっさり捨てる気になれてしまう。

困った人種ですね、僕も。




posted by ORICHALCON at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac & iPhone

2011年04月19日

iPhone の ぬるいTips

iPhoneを使ってると、「おっ、こんなことできたんか!!」と新しい発見があったりします。

というか、Apple製品、特にMacなんかはこれがとてつもなく多い。最新のMac OS X Snow Leopard なんかもう、Tipsの宝庫で、長年使っていても「うはwww こんな機能があったとはwww」ということもしばしば。

僕なりにiPhone使ってて、「ほ〜」と思ったことを紹介しますが、大したものではありません。「知ってたよ!!」とか言わないでくださいね。



まず、テキスト打ちの時に気づいたこと。


◯・即座に日本語キーボードに切り替える

意外と気づいていない人も多いのですが、「設定」→「一般」→「キーボード」→「各国のキーボード」からキーボードを追加できます。

ここで、絵文字のキーボードも追加できるのですが、追加したキーボード一覧を「編集」して、優先順位を並べ替えられます。

Photo 19-4-11 05-35-58.jpg

Photo 19-4-11 05-35-56.jpg

Photo 19-4-11 05-35-55.jpg


で、上の画像のように日本語キーボードを一番下にしておくと、文字打ちの時に日本語キーボード切り替えが楽になります。


というのも、絵文字キーボードを追加していたりすると(追加してないって人は別にいいんですが...)、絵文字キーボードから日本語入力に切り替えるとき、キーボード切り替えボタンを場合によっては連打しなけりゃならんことがありませんか?

これね、これ。


Photo 19-4-11 05-41-31.jpg


しかし、こいつを長押しするとわかるのですが、キーボードのメニューが出るんですね!!


Photo 26-9-10 22-07-27.jpg


ということで、このボタンをサッと上にフリックすれば、即座に日本語キーボードに切り替えられるというわけ。わかるかなw


あんま大したことなかった? そっか.....



じゃ、こんなのはどうだ。


◯・フリックをもうちょっと活用してみる


たとえば、Safariで、URLバーにURLを打ち込んでいるとする。

http までは打ち込んだ。こんな感じに ↓

Photo 19-4-11 06-01-56.jpg


次の、: という文字を打ちたいが、キーボードを切り替えなくてはならない。そこで、切り替えボタンを押すが、そのまま押しっぱなしにする。

まずは押すと、キーボードが切り替わる。まだ押しっぱなしにしててくださいね。 ↓

Photo 19-4-11 06-01-45.jpg


 : のキーがありますね。そこまで指をフリックします。そして離します。

Photo 19-4-11 06-01-54.jpg


すると、文字が打てた上に、すぐ前の英字キーボードに自動でもどります。


Photo 19-4-11 06-01-52.jpg


: が入力されてますね。そしてキーボードが英字キーボードに戻っているので、次の // がすぐ打てる状態です。

これはもちろん応用がききまして、とにかく他のキーボードで一文字だけ打つ場合(特に数字とかね)、この方法なら切り替えの手間が省けます。実際、慣れるとかなりスマートにやれます。なんてったってスマートフォンですからねい!!


このフリックもいろいろありまして....長押しで「こんなん出るのか!」というのもあります。


Photo 19-4-11 06-01-49.jpg

Photo 19-4-11 06-01-50.jpg

Photo 19-4-11 06-01-47.jpg


いろいろ探してみるのも楽しいかも知れません(そうか?)



どう? え? これも大したことない? あらあ.....じゃ、これはどお?



◯・テキストの選択を一瞬で!!


テキストを選択するとき、大体の皆さんは、選択したいテキストあたりをポンとタップしてメニューを出し、「選択」を押して、選択モードにしてから、選択エリアをチマチマと指でドラッグしてると思うのですが....

なんと、二本指タップでいきなり、大体の領域を一瞬で選択できてしまいます。これ、意外と知らない人も多い。

画像はATOK Padでの画面ですが、iPhoneの入力画面であればすべてこのやり方は機能します。

Photo 19-4-11 06-33-40.jpg

Photo 19-4-11 06-33-42.jpg

こんな感じ。つまり、段落ごとに選択できてしまう。

行単位も可能。

Photo 19-4-11 06-33-44.jpg


また、ATOK Padにかぎったことですが、こんなことも可能。


Photo 19-4-11 06-33-46.jpg



さらに、ダブルタップで単語を選択できます。


こんなメモがあったとします。


Photo 26-9-10 22-07-21.jpg


最初の文頭の「怪獣」という単語を一発で選択してみましょう。そこをポンポンっとダブルタップします。


Photo 26-9-10 22-07-23.jpg


お次は、その隣りの「セット」を選択してみよう。同じくそこをボンボンっとタップします。


Photo 26-9-10 22-07-25.jpg


できたー。(^0^) キャッキャッ


どお?  どおっ?


えー、知ってた? あらー。


じゃ、こんなのは?



◯・スリープ状態から即座にiPod操作

iPod起動させて聞いてると、iPhoneは時間がくれば自然にスリープになり、ロック状態になりますね。
この時、付属のイヤホンで音量変えたりいろいろできますが、サードパーティ製のそういうことできないイヤホン使ってると、iPhoneで操作しなきゃならない。

そこでホームボタンを押し、ロック画面を出して、ロック解除(パスロックしている人は解除して)し、iPodアプリへアクセスして.....ということになるが、めんどい。

しかし!!

スリープ状態から、いきなりホームボタンをトリプル押しでいきなりiPodへアクセスできます。つまり3回押す。
要は、ロック画面で、ホームボタンを2回押す、ということでもある。

こうなるのだ。


Photo 10-9-10 23-45-48.jpg


これで停止や再生、スキップ、音量調節ができる。

これは、スリープ状態からiPodを起動させたい時にも使える。



どおだい?

えっ、だんだん内容が尻すぼみになってるって??  あらまあ。


じゃ、これはどーよ??



◯・即座にWeb検索


皆さん、Web検索したいなという時、Safariをまず起ち上げますか? それとも、Googleアプリとかですかね?

ただ、テキストをWeb検索したいだけなら、ホーム画面の左隣りにあるSpotlight検索でできてしまうことに、気づいていない人があまりにも多い。というか、ほとんど使っていない人が多いようだ。

ホーム画面で、さらにホームボタンを押す(もしくは右へスワイプで左ページへいく)と、このSpotlight検索画面になる。
こいつはMacに搭載されている強力な検索機能のiPhone版という感じなのだが、Macは古くは Sharlockなど、ファイル検索の機能を昔から搭載していて、これがありがたかった。

さて、こいつは大体iPhone内の検索に使えるのだが、入力した文字をそのままWeb検索もできてしまう。


Photo 19-4-11 05-20-39.jpg

このように文字を打つと、項目が出る。Wikipediaで検索もできる。

「Webを検索」を押せば、Safariが起ち上がり、すぐ検索される。

Photo 19-4-11 05-20-41.jpg


このやり方に慣れると、いちいちSafariを起ち上げ、検索バーをタップして入力モードにして....という行程がばからしくなってくる。


このSpotlight検索は、その検索先を設定で変更できる。


「設定」→「一般」→「Spotlight検索」ですすむ。


Photo 19-4-11 05-20-43-1.jpg


そして、検索対象にしたい項目にチェックを入れる。もしくはいらない項目ははずす。デフォルトでは全部選択されてると思う。

Photo 19-4-11 05-20-45.jpg


ここでおすすめは、使わないものはばすす、ということ。僕なんかは全部はずしてしまっている。というのも、この検索項目が多いと、iPhoneの動作がもたつくということがあり、実はこれ、iPhoneを軽快にさせる小ネタとして有名なTipsでもある。iPhone4ではあまり体感できないが、3Gとかだと結構恩恵がある、という人もいる。

連絡先を有効にしておけば、人名を入れただけで連絡帳を検索できる。「田中」と入れれば即座にその対象がメニューに表示され、タップすれば連絡先Appが起動、その人のタスクが表示される。これはやってみていただけると、その良さがわかると思うですよ。

これでいちいち連絡先アプリを起動して、あの画面の端っこのインデックスを繊細に操作し、ズラズラと長い一覧を探したり、検索バーをタップして入力モードにいちいちする必要がないというわけ。



どお? どお?

えっ、まあまあ?  そっかーー  ショボーーーーーーーーン.....


であであ。



posted by ORICHALCON at 07:37| Comment(1) | TrackBack(0) | Mac & iPhone

2011年04月13日

iFiles - FTP 機能がやってきた! -

もう今さらな話題なんですが、iFilesがとうとうFTP機能を搭載しました。

ライバル・アプリといえるGoodReaderは、この機能はアドオンの購入で追加できたのですが、iFilesは標準機能として追加されました。

というか、気づかないうちにGoodReaderは600円になってるのね!!!!
つまり、アドオン込みこみで販売してるっちゅうことですかね?

はっきり言って、GoodReaderの600円は高いな〜と思います。

iFilesがFTPやクラウドに対応した今となっては、個人的にはGoodReaderはもう必要ありません。もしこれからどっちかを買おうとしている人は、iFilesでいいんじゃないかと思います。まあ、iFilesも350円→450円に値上げしたようですが。

iFilesへの最後の要望は、Evernote対応と、写真読み込みの一括指定。これだ! これらができるようになったら(この調子だとなると思いますね)、もうiFiles一本でOKです。

ただ、前にここでも紹介したように、ビジネスユースでハードに使い倒すなら、GoodReaderもおすすめです。まずPDFビューワなどの機能が優れており、Zipの解凍も確実、UIにメモリを使用していない分、全体の動作も安定しています。
iFilesは日本語エンコードにまだ難があり、いざという時に頼りになるかどうかが不安です。

ただ、iPhoneでどれだけの人間が、どれだけZipを解凍したりする機会があるか疑問なので、とにかくiPhoneを少し便利にしたいなと思う人はiFilesで充分、ということになります。

iFilesは万人にすすめられるアプリで、GoodReaderはさらにドライな要求の人に向いている、という感じです。

過去のiFiles・GoodReaderの紹介記事はこちら その1 iFilesの使い方
過去のiFiles・GoodReaderの紹介記事はこちら その2 両アプリの比較みたいなやつ


iFilesのFTPについて、ちょっとご紹介してみましょう。

iFiilesはダッシュボードという画面があり、そこで+(プラス)ボタンを押すと、サービスの追加画面になります。(2画面分つなげてます)

Photo-13-4-11-14-25-03.jpg


各サービスをタップすれば、設定の画面にすすむことになります。

FTPを押してみましょう。こういう画面になります。


Photo 13-4-11 15-32-31.jpg


ここで接続したいFTPの情報を入力・設定します。
一番下の Advanced で、さらにオプショナルな設定ができます。


Photo 13-4-11 14-25-17.jpg


Set Download FolderをONにすると、HOME領域にFTP接続先のサーバからのファイルダウンロード用フォルダを生成できます。

こんな感じ。ダウンロードしたものは自動でここに放りこまれます。

Photo 13-4-11 14-25-01.jpg


また、同じ設定画面の下にあるPasscord をONで、接続する際に別途にパスワードを求めるようにできます(パスワードは専用のものを設定します。FTPサーバのパスワードとは別の物)。これを機能させておくのは、セキュリティ上好ましいと言えますね!



設定して追加すると、ダッシュボードに追加されます。(アカウントが特定される部分はモザイク処理させてもらってます)


Photo-13-4-11-15-21-57.jpg


一番上の「HOME」がファイルなどが格納されている領域ですね。

その次に、「オリハルコン」とありますが、僕の利用しているサーバです。このブログが設置されています。
僕は人に大きいファイルを渡す時など、頻繁にこのサーバにアップしてURLを相手に送信、ダウンロードしてもらう・・・というように、宅ファイル便のように使用しているので、よくアクセスするのです。一般のクラウドサービスだと、こういう共有化はすんなりといかないですね。できたとしても、相手もそのクラウドのアカウントを取ったりしなきゃなんなかったりしますしね。


さて、ではサーバにFTP接続してみましょう。タップするだけでつながります。パスを指定していれば、もちろんそこからつながります。下のソート・アイコンから、表示のソート方法も指定できます。


Photo 13-4-11 14-25-08.jpg


Edit で、ファイルのリネーム、ファイルの移動、削除や、ダウンロードなどができます。

これらは目的のファイルをサッと指でスワイプするだけでも、コンテクストメニューが出るので、そこから一連の作業へ移れます。
ひとつダウンロードしてみましょう。

こういう感じです。

Photo 13-4-11 14-25-06-1.jpg


Download を選択すると、ダウンロード・フォルダへ持ってこれます。ダウンロード・フォルダを生成していない場合は、ダウンロード先を指定してやるだけです。


複数を一括してダウンロードしたい場合は、Edit を押して、任意のファイルを選択してから、アンダーメニューの Download で一気に行えます。


Photo-13-4-11-14-25-15.jpg



逆に、iFiles内のファイルをアップロードしてみましょう。


やはり、アップロードしたいファイルを指でスワイプしてメニューを出します。そこから Upload を選択します。


Photo 13-4-11 14-25-10-1.jpg


そして、アップロード先のサーバを選択します。この例では「オリハルコン」へ持っていきます。


Photo-13-4-11-14-25-12.jpg


サーバへ接続すると、どのルート、フォルダへ入れるかを選択できるようになっています。入れたい先へ Select で進んでいけばOKです。
今見ているルート、たとえば一番最上層へそのまま入れたい場合は、アンダーメニューの右下にある Root Folder を押せばOKです。


Photo 13-4-11 14-25-13.jpg


複数を一括アップロードも、先程の一括ダウンロードと同じ手順です。


iFilesの良い点は、画像などはサムネイルプレビュー化してくれることですが、さすがにFTP接続先のものはできないようです。ただ、Dropboxなどは可。本家のアプリでもしてくれないので、これはさすがですね。


FTPひとつとっても、GoodReaderより直感的かつ、楽しく扱え、iPhoneならではの感じに仕上がっています。

ただ、GoodReaderはテキストエンコーディングが指定できたり、また動作がとてつもなく安定しているので、シビアなユースには頼もしいでしょう。


というかまあ、FTP機能を必要とする人はごく限られていると思うので、今日の記事もコアなわけですが・・・・

posted by ORICHALCON at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac & iPhone